企画・制作・システム開発・PR・運用までワンストップサービス

スパム参照トラフィックによって検索順位が下がる心配はない

作成日:2016.02.11

最終更新日:2016.06.24

カテゴリー:SEO

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月29日のEnglish Google Webmaster Central office-hours hangoutのGoogle社員のJohn Mueller氏の回答を紹介します。

最近は少し下火になってきてはいますが、リファラスパムが多くのWebマスターを悩ませています。
Google Analyticsを見た時に、参照元、メディアに多くのスパムによるアクセスが記録されており、それがアクセス解析の支障となっています。

実際にはアクセスがなかったにもかかわらず、多くのアクセスがあったかのように表示されてしまうので、アクセス解析の邪魔になっているのです。

今回の記事ではスパムによるアクセスによって検索順位が下がってきて困っているという質問と回答を紹介します。

John氏の回答としてはSEOの観点からは問題がないということです。

これは当然のことです。この種の質問はSEOの初心者の方がよく心配をするようなことがらなのですが、検索順位に影響はないのです。どうして影響がないのか?について説明しましょう。

  1. Webサイトのオーナー以外によって容易に操作できる要因は検索順位に加味しない。
    それができてしまうと競合サイトの順位を下げたりすることができるようになってしまうため。
  2. Google Analyticによる解析内容は検索順位に加味しない。
    Analyticsが全てのWebサイトに設置されているわけではないので、これを検索順位の要因として加味すると不公平が生じてしまう。
  3. ユーザーにとってこのWebサイトの利用価値が高い、低いを判断する指標となり得ない要因は、検索順位に関係しない。

この3つの原則を覚えておいてください。
3つ全てにこの質問は該当するのです。絶対に順位が下がったりしないのです。

質問

I want to know about spam referral traffic.
How can we stop it?
Our website’s rank is going down due to spam referral traffic.

スパム参照トラフィックについて知りたいのですが。
それを止めるにはどうしたらよいですか?
スパム参照トラフィックによって、 ウェブサイトのランクが下がってきてしまっています。

回答

So there are two kinds of spam traffic that I’ve heard about recently.On the one hand, there is the analytics spam where people aren’t actually going to your website.
They are just sending pings to analytics. And that’s showing up in analytics. And that’s something that I know the analytics team is working on and taking pretty seriously.
The other type of spam traffic is when people just hit your site with a bot with a fake referrer that shows up in other types of analytic software.
So for both of those, that’s really not something that would be affecting Google at all. It’s kind of a hassle because you have to filter out in your analytics.
And you have to make sure that this is traffic isn’t counted if you’re looking at your page views.
But apart from that, it’s not something that would cause problems on Google’s side.

最近聞いたものとしては、 2つの種類のスパムトラフィックがあります。
1つはアナリティクススパムという、 人々が実際にはサイトを訪問していないものです。アナリティクスへpingを送信しているだけのものです。それがアナリティクスに表示されるのです。私の知っているところでは、アナリティクスチームはこれらを真剣に受け止めて取り組んでいます。
他の種類のスパムトラフィックは、人々が他の種類の分析ソフトウェアに表示されるフェイクのリファラーを持ったボットであなたのサイトにヒットした場合です。
これらの両方については、特にGoogleに影響しているものではありません。ご自身のアナリティクスで 除外しなければならないので、ちょっと面倒なことではあります。それと、ページビューを確認している場合は、このトラフィックはカウントされていないことを把握している必要があります。しかし、それ以外では、Google側で何か問題を起こすようなことはありません。

要約すると

アナリティクスや他のアクセス解析で、スパムを除外して分析する必要があって面倒なことはあるが、それ以外にはGoogleに何か問題を与えることはない。

Web制作・Web集客について、お悩みではありませんか?

なんでものびるブログは、Webマーケティング・Webサイト制作専門のネオロジーグループが運営しています。
次のようなお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

  • Webでの集客がうまくいっていない!
  • サイトのリニューアルを企画している。
  • 検索順位がどうしても上がらない。
  • コンテンツSEOを展開したい。
  • Googleからペナルティを受けてしまった…。
  • もっと効率よく広告運用がしたい!
  • 動画広告はどう活用したらいいの?

ふわっとした疑問・質問。なんでも結構です。 経験豊富なメンバーが丁寧にお答えします。
もちろん、施策のお見積りなどのご相談も承ります。

会社名*
ご担当者名*
メールアドレス*
電話番号
お悩みのカテゴリ(複数選択可)
ご相談内容*

pagetop