企画・制作・システム開発・PR・運用までワンストップサービス

03-5765-2398

お問い合わせ

【失敗したくない人向け!】YouTueマーケティング5つの事前準備

作成日:2016.03.09

最終更新日:2016.07.8

カテゴリー:Tips

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeで会社やブランドのマーケティングをしたいけど、テレビCMと勝手が違うから、何をどうすればいいのかわからない……。
そんな悩みを抱えている人はいませんか?

YouTubeがネット上でどういった役割を担っていて、どのような影響力を持っているのか。
企業はそれをどのように活用できるのか。
特徴を理解すれば、YouTubeでのマーケティング戦略を立てやすくなります。

この記事では、YouTubeが公式に掲載している“YouTube Creator Playbook for Brands”(ブランド向けYouTubeクリエイターハンドブック)の中から、YouTubeの特徴を説明した“Introduction”と、動画を作る前に準備すべきことをまとめた“Build a Content Plan”の2つを紹介します。

さっそくその内容をみていきましょう。

クリエイターハンドブックの他章を紹介した関連記事は、こちらからどうぞ。

1.YouTubeマーケティングの特徴 ― Introduction

引用:Introduction

わざわざYouTubeで広告を出さなくても、テレビCMで事足りるのでは?と思っている人も多いかもしれません。
しかしYouTubeは、テレビとは違った影響力を持っています。

YouTubeでは動画をユーザーに「見せる」のではなく「選んで」もらう必要があります。
テレビとは異なり、ユーザーに主導権がある媒体なのです。
ですから、ユーザーが求めるものに即したコンテンツを作らなければいけません。

その仕組みを利用すればユーザーに直接訴えかけるマーケティングを行うことができます。
YouTubeマーケティングの成功例として、アメリカのミキサー会社Blendtecの “Will it Blend?(それってミキサーにかけられるの?)”シリーズが挙げられます。
実際に動画を見てみましょう。

自撮り棒iPhoneなど、ありとあらゆるものを自社製のミキサーにかけてみる」という乱暴なシリーズですが、思わずシェアしたくなるような面白さがあります。
話題性もさることながら、Blendtecがどういった製品を作っているのか簡単に知ることができます。

このように、「ユーザーが求めるもの」と「会社が伝えたいこと」が合致すると、効果的にマーケティングが行えます。
「みんなとシェアしたい」というユーザーの欲求を上手く活用することで、企業が人々の輪に入ることができる時代なのです。

世界中の、ありとあらゆる端末からアクセスのできるYouTubeに会社のコンテンツを置く。
そうすることで、ユーザーはいつでも好きな時に企業と繋がることができます。

YouTubeマーケティングは、企業のマーケティング戦略の一部分に過ぎません。
しかし上手く活用すれば、ユーザー数を増やすことはもちろん、ユーザーひとりひとりとの繋がりを深めることもできるのです。

2.コンテンツ戦略を立てる ― Build a Content Plan

引用:Build a Content Plan

とりあえず面白い動画を作れば会社の知名度も上がる!と思っていませんか?

再生回数を伸ばすことが目標なら、面白い動画を作るだけで良いでしょう。
しかし、マーケティングの一環として動画投稿をするのであれば、しっかりしたコンテンツ戦略を立てなければいけません。

個人のYouTuberであれば「人気になること」が主な目的なので、面白いコンテンツを作れば目標は達成できます。
しかし企業には「ブランドの宣伝」という目的があるはずです。
「ユーザーが求めるもの」と「企業が宣伝したいこと」の両方が詰まっていない動画は、宣伝動画としての価値がありません。

事実、2009年に公開されたEvianの広告 “Roller Babies” は世界中で8千万回も再生されましたが、同年のEvianの売り上げは25%も落ちました
会社のブランドとは関係のない面白動画をアップしても、売り上げは伸びないのです。

しっかりとしたコンテンツ戦略を立てるために、まずは事前調査を行いましょう。
以下の5つの手順に従えば、どう戦略を立てれば良いかみえてくるはずです。
1.YouTubeでのマーケティングの目的を定める
2.ターゲットの客層を知る
3.自分のブランドの評判を知る
4.ライバル企業の作戦を知る
5.何が起きれば成功か決める

それでは、詳しく内容をみていきましょう。

2-1.YouTubeでのマーケティングの目的を定める

YouTubeはマーケティングのひとつの手段に過ぎません。
他媒体を含めたマーケティング戦略のなかで、YouTubeがどのような役割を果たすのか確認しましょう。

YouTubeを通してブランドの認知度を上げることが目的ですか?
それとも商品の宣伝?コンバージョン数を伸ばすこと?
YouTubeで何をしたいのかによって、どのようなコンテンツが適しているか明確になります。

2-2.ターゲットの客層を知る

YouTubeマーケティングの対象となる客層が、YouTubeで何を求めているかを調べましょう。

どのような動画が人気なのか、だれが見ているのか。
そういった調査を行うときは、以下のツールを使ってみましょう。
YouTube Trends DashboardThink With Googleで、どういった層のユーザーが何に注目しているか調べましょう。

若い世代がターゲットの場合、スマホで見られているコンテンツを調べても良いかもしれません。
Our Mobile Planetではユーザーがどのようにスマホを利用しているかがわかります。

2-3.自分のブランドの評判を知る

自分の会社やブランドが、YouTubeでどういった認識をされているのか調べましょう。
会社について、ユーザーが知りたがっていることがわかるかもしれません。

あなたの会社が何を作っているのか、どういったサービスを提供しているのか、ユーザーたちは知っているでしょうか。
YouTubeアナリティクスなどを使って、あなたの企業が誰に、どのように思われているか確認しましょう。

2-4.ライバル企業の作戦を知る

YouTubeマーケティングで成功を収めているライバル企業はいませんか?

敵といえども成功例。
学ぶべきところがあるはずです。
ライバル企業のYouTubeチャンネルで、どんな動画が人気か調べましょう。

YouTubeで人気のあるコンテンツの方向性は、大きく分けて3つあります。

・ヘルプコンテンツ
いつ見ても役に立つコンテンツ。「パンの作り方」や「ワードの使い方」など。製品の情報やサービスの内容を詳しく解説したものも含まれます。
・ハブコンテンツ
定期的に更新して、会社の最新情報を伝えるためのコンテンツ。プロモーションのハブ(中心地)となるものです。
・ヒーローコンテンツ
企業が輝いていた瞬間(プロモーションイベントや新商品発表など)を見せるための動画。他のユーザーやチャンネルと連携すると、大規模なプロモーションを行えます。

ライバル企業がどのような手法でユーザーを取り込んでいるか、分析しましょう。
競合他社を参考に、コンテンツ構成も考えることもできます。

しかし、他の企業と同じことをしても意味はありません。
あなたの企業が入り込むスキを探しましょう。

2-5.何が起きれば成功か決める

どんな動画を作ればいいか、段々みえてきましたか?
最後に、あなたのYouTubeマーケティングが成功したときに何が起こるのか考えてみましょう。

あなたが投稿した動画が大人気になり、マーケティング戦略がすべて上手くいったとき、ニュース記事はどのような見出しを付けるでしょうか。
見出しを考えてみると、自分の成功の形が徐々にみえてくると思います。

どういった動画にどのような反応が集まることが目標なのでしょう。
「20代のユーザーたちに大人気になること」ですか?
「動画を通して商品を購入するユーザーが増えること」ですか?

「動画を投稿したあとに何が起これば成功なのか」を決めることができたら、事後調査も簡単になります。

3.事前準備が終わったら

調査を行えば、YouTubeで行うマーケティングの方向性がある程度決まります。

YouTubeマーケティングの目的は、企業やブランドによって様々です。
しかし共通しているのは、「ユーザーが求めるもの(人気になる要素)」と「企業が提供したい情報」の両方のバランスが大事だ、ということです。

動画の種類はヘルプコンテンツ、ハブコンテンツ、ヒーローコンテンツの3つを挙げましたが、どれが正解とは決まっていません。
動画それぞれの目的によって柔軟に組み合わせていきましょう。
YouTubeチャンネルで動画を管理すれば、コンテンツの種類別に管理することもできます。

コンテンツ別に配信予定を立てても良いかもしれません。
「ヘルプコンテンツは週2回、ハブコンテンツは週1回、ヒーローコンテンツは年2回」のように予定を立てましょう。

コンテンツ戦略を練り、配信予定まで立てることができたら事前準備は終了です!

「YouTube Creator Playbook for Brands」解説記事

  1. バズる動画の特徴とは?人気YouTube動画にある10個の共通点
  2. 人気YouTubeチャンネルにはこれがある!3種の動画コンテンツ
  3. YouTubeでのSEO対策とは?上位表示させるための5つの設定
  4. YouTubeチャンネル登録者を増やす!有料広告活用6つのポイント
  5. YouTubeマーケティングに必須!3種のソーシャル活動
  6. YouTubeマーケティングを成功に導く分析ツールの使い方

Web制作・Web集客について、お悩みではありませんか?

なんでものびるブログは、Webマーケティング・Webサイト制作専門のネオロジーグループが運営しています。
次のようなお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

  • Webでの集客がうまくいっていない!
  • サイトのリニューアルを企画している。
  • 検索順位がどうしても上がらない。
  • コンテンツSEOを展開したい。
  • Googleからペナルティを受けてしまった…。
  • もっと効率よく広告運用がしたい!
  • 動画広告はどう活用したらいいの?

ふわっとした疑問・質問。なんでも結構です。 経験豊富なメンバーが丁寧にお答えします。
もちろん、施策のお見積りなどのご相談も承ります。

会社名*
ご担当者名*
メールアドレス*
電話番号
お悩みのカテゴリ(複数選択可)
ご相談内容*

pagetop